バレない工夫

バレない工夫

近年、美容整形は、私達にとってとても身近な存在となりつつあります。
テレビを見ていれば、美容整形外科のコマーシャルを目にすることも多いでしょう。また、芸能人や著名人が、メディアで美容整形したことをカミングアウトすることもあります。
ですが、どんなに美容整形が浸透してきたとはいっても、全ての人がそれを肯定し、受け入れるとは限りません。そのため、美容整形をしたことを気づかれたくないという人も多いでしょう。

近年、美容整形の技術はどんどん高まっています。たとえメスを使って切開する施術でも、傷跡が極力目立たないような配慮が成されます。
また、プチ整形という愛称でもおなじみの、メスを使わない美容整形施術もたくさんあります。その場合、術後の腫れも少ないため、整形したことを気づかれるリスクは下がると期待できます。
すなわち、美容整形手術による傷跡や腫れなどをきっかけに、整形したことが他人にバレる心配は、少ないといえるでしょう。

ですが、美容整形によって顔や体が変化したことは、親しい人には気づかれてしまう可能性もあります。
ですが、美容整形をして綺麗になったことが全く気づかれないのでは、せっかく整形した意味がないという考え方もあります。つまり、理想的なのは、「綺麗になった」とは思ってもらえるけれども「整形」とはバレない、という状態でしょう。
そうできるかどうかは、美容整形を受けた後の振る舞い次第です。
例えば、美容整形をした後に会った人から「なんか雰囲気変わった?」と聞かれたとき、動揺してしまっては、整形を疑われかねません。そんなときは、「メイク変えてみたんだ」とか「ダイエットの効果が出てきたのかも」と切り返すのが良いでしょう。
また、美容整形後しばらくの間は、わざとメイクを濃い目にしてみたり、髪型を変えたりしてごまかすのも有効です。メイクや髪型に目が行けば、美容整形した部分に意識が向かなくなると期待できます。

PAGE TOP